ピンク色の乳首が理想ですよね | おっぱいサロン

日常生活の中で注意が必要!乳首に刺激を与えて黒ずむ原因

 

正常な乳首の色はピンクですが、黒ずみが出来てしまい黒くなってしまっている女性も少なくありません。

 

乳首に黒ずみが出来てしまうのは刺激を与えてしまいメラニンが生成されて色素沈着を起こしてしまうのが原因となっています。

 

乳首に黒ずみが出来ないように予防していくには刺激を与えない事が大切になってきます。そこで乳首に刺激を与えて黒ずむ原因をいくつか挙げていく事にしましょう。

 

下着のサイズが合っていない

 

乳首に刺激を与えてしまうのは下着のサイズが合っていない事が考えられます。

 

特に自分のサイズより小さい下着を着用していると乳首と下着の間で摩擦が起こってしまい少し動いただけで刺激を与えてしまいます。

 

それによりメラニンが生成されて色素沈着を起こしてしまうので黒ずみを予防していくにはサイズに合った下着を着用する事が大切になってきます。

 

肌のターンオーバーが乱れている

 

加齢により老化が進行すると肌のターンオーバーが乱れて古い角質細胞が残ってしまいます。

 

それにより乳首周辺の皮膚が黒ずんで見えてしまうようになります。

 

黒ずみを予防していくには肌のターンオーバーを正常に戻す必要があるので規則正しい生活を送って肌に必要な栄養素をしっかり摂取しておく事が大切になってきます。

 

性交渉の数が多い

 

日常生活の中で性交渉の数が多いと乳首に刺激を与えてしまう事も多くなるので黒ずみが出来てしまう事もよくあります。黒ずみを予防していくには性交渉をした後に乳首のケアをしておく事が大切になってきます。

 

乳首の黒ずみを消したら自分が好きになれそう

自分を好きになることは簡単なようで難しいことです。

 

外見が綺麗に生まれたらどんなに良いことなのだろうと感じることがありました。

 

男性にモテる女性は、やはりスタイルが良い人です。

 

私も、モテ期に突入した時に、男性と付き合ったことがあります。

 

でも、体を見られた時に、乳首があまり綺麗ではないと言われてしまいました。

 

そして、すぐに別れてしまったのです。

 

私は別れたくはなかったけれど、相手がだんだんと気持ちが冷めていくことを感じました。

 

もしかして、体のことが原因なのかなと思ったのです。

 

自分でも、体をよく見たことはありません。

 

別の女性と比較されたのかわかりませんが、一気に自信をなくしました。

 

顔の肌はきちんとケアしているけれど、それだけでは駄目なのだなと感じたのです。

 

ネットなどで、体のケアはどうしているのか調べてみました。

 

結構、色々な努力をしている人が多く、勉強になります。

 

友達なら、体を見られることはありません。

 

でも、付き合っている人には、体を見られてしまいます。

 

自分の体をよく見てみると、首のあたりににきびが出来ていたり、乳首が黒ずんでいるかもしれないと感じたのです。

 

綺麗な体ではなかったら、なんとなく幻滅されてしまうのかもしれないと思いました。

 

そこで、ネットで評判の高い乳首の黒ずみクリームを購入してみたのです。

 

乳首の黒ずみクリームはここから選びました→【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!

 

 

見えない部分の手入れもしなければならないと思いました。

 

新しい彼氏が出来る前には、黒ずみを綺麗にしたいです。