卒乳後の乳首の黒ずみ改善方法教えます


卒乳後の乳首はホルモンバランスの乱れで、メラニン色素が沈着しやすくなるためにどうしても黒ずみやすくなるものです。実際私も1年授乳を続けた乳首は、明らかに黒ずみが目立つようになってしまいました。黒くなってしまった乳首を子育ての勲章と思い込んで諦めようとしたのですが、やはり卒乳した乳首をどうにか以前のように回復できないか?と考えた際に私が取った方法が2つあり、かなりの効果を感じました。

 

その一つ目がヨーグルトパックです。プレーンヨーグルトなどに含まれるホエイという成分が美白効果があると聞きます。私は週に2・3回ほど入浴のタイミングでプレーンヨーグルトを乳首周辺に塗り、ラップして5分待ち、それから洗い流すことを習慣にしました。ヨーグルトには肌の保湿効果もあるので、このパックによって、乳首の乾燥も改善されたように思います。

 

二つ目に美白クリームの使用です。私が使用したのはアットベリーという美白クリーム。このクリームは、特に乳首の黒ずみ改善に効果があるという先輩ママのおススメで使用し始めました。夜入浴後と朝の2回適量クリームを塗布するだけですし、クリーム自体もべたつきのない比較的さっぱりしたものなので、使用していて不快感を感じたことはありません。

 

この二つの対策に、バランスのとれた食事や軽微な運動、禁酒・禁煙を続けること半年ほどで黒ずみはかなり改善されました。効果を実感し始めたのは1か月程した頃からでしたが、長く続けたことによって、よりもとの状態に近づき、自分に自信を取り戻せたように思います。

 

卒乳後の乳首の黒ずみは、こういったケアを行うことで改善されやすいものだと思います。諦めてしまう前にトライしてみませんか?

 

小さなことをコツコツと重ねることで乳首の黒ずみ改善

 

私は子供の頃から乳首の黒ずみに悩んでいて、小学生の頃のプールの授業でも体を隠すように着替えていました。

 

大人になって友達や彼氏と温泉に行ったり泊まりに行ったりする機会が増えて、よりそのコンプレックスが増していきました。

 

見てはいけないと分かっていても、友達の乳首に目が行ってしまって・・・それが綺麗な色だったりすると思わず自分のと見比べてしまって。

 

友達にそんな劣等感を覚える自分も嫌でしたし、人前で裸になるたびに乳首を隠すように過ごしているのも本当に気が病みました。

 

まだ冬のうちはその機会も少ないので、寒い季節のうちに夏に向けてどうにか改善を図ろうとネットで色々知識を取り入れました。

 

美白クリームを通販で購入して毎日塗って、お風呂で洗うときは美白効果のある石鹸を泡立てて優しく包み込むように洗いました。

 

また塩には酸化還元効果があるので、週に2日ほどのスパンでその泡立てに塩水を利用して古い角質を落とすように心がけました。

 

そして、泡立ての際には同じく美白効果があるベビーパウダーを混ぜこませて、直接指や肌が触れないように気をつけて洗いました。

 

お風呂上りにはニベアのクリームを塗ってよく保湿をしてから眠りました。もちろん塩水を使った日は特に保湿を念入りに行いました。

 

その生活を3ヶ月ほど続けていると、今まで20年悩んできた乳首の黒ずみが少しずつ明るいトーンに変わってきたんです。

 

去年の冬の話なのですが、夏になる頃には確実に1.5ランク上の明るさに。もっと早く試しておけば良かったです。

 

それから少しペースは落としていますが、定期的なケアをかかさないおかげか色は生理前後でも落ちません。

 

憧れの乳首美人になろう!

 

女性にとって乳首の黒ずみは深刻な悩みです。

 

デリケートな部分であるために周りに相談できず一人で悩んでしまっている女性は少なくありません。

 

女性として生まれたからにはほんのりとしたピンクの乳首に憧れます。

 

そんな乳首の悩みは、その原因と改善方法を知れば比較的早く解決することができます。

 

改善の方法は主に3つあります。

 

一つ目は、乳首に対する摩擦をなくすことです。

 

女性の乳首はブラジャーや出産後の授乳によって摩擦を受けます。その影響で乳首が傷つき皮が剥けたことによりメラニン色素が肌を守ろうと活発化するために色素沈着します。ですから、この摩擦をなくすケアが必要です。

 

ほとんどの女性は24時間ブラジャーを着用していて乳首を摩擦しているので、就寝時はブラジャーを外したり、それ以外は摩擦を軽減するために締め付けの少ない下着にすることが重要です。

 

二つ目は、入浴時に乳首をよく洗うことです。 意外と乳首には角栓がたまりやすく、乳首に垢がたまっていることがよくあります。入浴時にお風呂につかることで乳首がふやけて乳首の垢が取りやすくなります。 乳首がふやけてきたら美白石鹸などをよく泡立てて乳首を優しく包み込むように洗うと角栓がスッキリ取れて、少し乳首の色が明るくなります。

 

三つ目は、乳首専用の美白クリームを使うことです。

 

美白クリームもピンからキリまでですが、その中でビタミンCが主成分のものを選ぶと効果が高いと思います。

 

今ご説明した3つの方法は同時に行うことで、相乗効果があり、継続することで悩みが解消されると思います。

 

これであなたも憧れの乳首美人です。女性らしいピンクの乳首で温泉やデートなど楽しいことを満喫して下さい。