バストケアは普段の生活習慣が大切

 

ふっくらと形のいい大きなバストは多くの女性達の憧れです。

 

バストマッサージやバストアップブラなど、バストを大きくするケアグッズはたくさんありますが、それらを使う前に普段の生活を少し見直してみませんか。

 

 

 

バストは体の一部ですから、やはりいつも食べている食事や睡眠、どんな過ごし方をしているかで大きさや形にも影響を与えてしまいます。

 

乳腺を刺激する成長ホルモンが充分に分泌されていればバストも大きくなってくれます。

 

この成長ホルモンの分泌を阻害してしまうのが睡眠不足やストレス、過度なダイエットなどです。

 

まずはこれらの点に注意して改善するのがおすすめです。

 

 

 

また、姿勢が悪くなっていて血行不良が原因になっている場合もあります。

 

最近はパソコンなどを使用する機会が増えていますから、前傾姿勢や猫背などで姿勢が悪くなっているとバスト周りの血行が悪くなり、バストが育ちにくい環境を作ってしまいます。

 

正しい姿勢を心がけるようにして、ストレッチなどでコリをほぐして血行を良くしてあげましょう。

 

 

 

日々の食事が豊かなバストを作ってくれます。

 

基本は栄養バランスの整った食事を心がけるようにして、大豆製品などで女性ホルモンの元となるイソフラボンを取り入れると効果的です。

 

 

 

前述の通り、成長ホルモンがバストアップの鍵を握っていて、一番多く分泌されるのは夜の10時から深夜2時にかけての時間帯です。

 

なるべく早く寝るようにして、この時間帯に良質な睡眠を得られるようにしておくのが大切です。